The Day in a Life

…と日記には書いておこう

ジャック交換

f:id:StudioSlowhand:20210421195115j:plain:right:w200 Acter の弦アースがとれていない件。対策用に静電リストバンドを発注。到着。
早速使ってみたが。リストバンドとどこで接触させたらいいものか。スイッチクラフトの大きなサイレントプラグだと、ケーブルとハウジングの隙間が大きいからその隙間を使ってワニ口クリップをかませられたので、とりあえずそれで。
しかし。前々からの悩みの種なんだが、ジャックの接触があまりよくなくて。びみょーな刺さり具合で音が出たり出なかったり。クリップのおかげか、音の途切れが頻発。いくつかのプラグを試してみるが、どれもダメ。
ってことで、重い腰を上げてジャック交換することにした。

f:id:StudioSlowhand:20210421195120j:plain:right:w200 ずいぶん前に交換用のジャックは入手してて。スイッチクラフトのヤツ。写真左側。
右は元々ついてたヤツ。こちらもスイッチクラフトかと思ってたんだが。どうやら違うみたい。国産なのかな?
もう 35年とかたってるもんな。色々ガタがきててもおかしくないか。接点が見えないんでなんとも言えんのだけど。スイッチクラフトの方がカチっとハマる。ガタ付きも少ない。

f:id:StudioSlowhand:20210421195122j:plain:right:w200 作業自体は 20分くらいで終わり。そんなもんで終わっちゃうのに、始めるまでは億劫で仕方ない。もう何年寝かしてたっけ?このジャック。
交換後は快調。快調すぎて、ハムノイズも気にならなくなってしまったという感じ。

ハムノイズが気にならなくなったところで MTR で録音を試みたんだが。楽器の調子が上がったからって腕が上がるわけもなく。失敗だらけ。よくもまぁこんなんで昔バンドでベース弾いてたもんだと呆れるくらい。録音前にまず練習だな。