The Day in a Life

…と日記には書いておこう

BOSS BF-2

SNSで、最初に買ったエフェクターの話になり。自分は BF-2 だったんだが。ちょっと気になって音出ししてみた。Manual と Resonance を絞るといい感じのコーラスになることを発見。これから積極的に使っていこうかなぁ?という気になる。
しかし。Depth や Rate を回すと、一瞬何かがズレる感じがして。音がぐにゃんと揺れてから安定する、みたいな。もしかしたらコンデンサが抜けたりしてんのかなぁ。もう一台手に入れて検証してみたいような気もするが…。そういえば、ケースが欲しくて手に入れて、中身を出しちゃったのがあったはず。それ使ってみるかなぁ。

電話機

これまで使ってたファックス付き留守番電話機。時刻表示が40分とかズレてきたので、設定し直そうとしたら、4~6のボタンが効かなくなってることが判明。まぁ、滅多に親機を操作することもないから放っておいてもよかったんだが。ファックスはもう何年も使ってないし、スペースも食ってるし、待機電力も大きそうだし、この頃は親機側もコードレスってのも出てるし、ってことで買い替えることに。日曜にケーズデンキに行ったが、店頭在庫がなかったので取り寄せ。昨日届きました。

機種名は Panasonic VE-GZ51DL。Panasonic のページに行ってもVE-GZ56 のページしかない。ぐぐってみると、GZ51 は家電量販店用の機種名で、GZ56 との違いはないそうだ。ピンクじゃなくて白がよかったんだが、メーカーにも在庫がなかったらしい。もしかして、もうすぐ生産終了なのかね?電話機自体、ケーズデンキでの売り場面積も小さかったし。ファックス含めても、置いてある機種は 15くらいだったんじゃなかろーか?さびしいもんであるなぁ。

設置して、実家と自分達の電話番号と、ムスメの友達のを一件だけ登録。親機はリビングに、子機は二階に置く。これまで二階にいたらリビングで鳴ってても気付かなかったもんなぁ。

panasonic.jp

amazonへのリンクはこちら↓

amzn.to

さて。これまで使ってたファックス付き電話機。Brother FAX-2100CL。いつ買ったんだっけなぁ?マニュアルの最終更新日が 2005年?あ。カミさんの電話番号が実家で登録されてるから結婚前か。じゃぁ、やっぱ、15年以上は経ってるんだな。捨てるにしても、中身きれいにしなくちゃってことでマニュアルを引っ張り出して初期化方法を探すも見当たらず。しょうがないので、一つ一つ消していく。登録電話番号、着信履歴、発信履歴、ファックス。で、まだ保存してあったファックスの中に懐かしいものを発見。当時小学生だった小さな友人から送られてきたファックス。もう彼女も社会人。しみじみしちゃうな。ってことで、これはプリントアウトしてとっておくことに。

ハムバッカーの調整

先週 PU を換えて、こんなもんかって思ってたんだが。テレキャスと比べてみたら、薄皮一枚かかってる感じで全然よくない。なんだよこれってことで、押し込めてたポールピースを出してみる。一回転分。ツライチだったのが 0.5mm くらい出た。その分 PU 自体の高さは下げ、これまで通り 2.5mm に。結果。テレキャスより大きな音になるわ、音像がくっきりするわ、低音のぼやけもなくなるわ。テレキャスと同じくらいの音量になるかな?とポールピースを半回転下げてみたら、元に戻ってしまった。ここが分水嶺か?以前このPUを使った時は、もう半回転分くらい出てたと思うのだが。今はこのくらいで抑えておこう。
もうちょっとネック側のPUの音量を上げたいが、そうするとミックスがよくなくなりそう。どっちをとるか?悩ましいなぁ。
ブリッジの歪ませた音も暴れた感じになってしまった。が。今回はクリーン重視で。

週末

土曜。実家詣。
前庭のツツジとサツキを刈りこんでみる。1時間頑張った。切った枝の後始末に 1時間以上かかった(苦笑)。もうちょっと作業量考えないと。ってことで、放置して買物に出て。帰ってきてみたら叔父が来てた。どこをどのくらい刈り込むか教えを乞う。先週やった紅葉はもっと刈って丸坊主にしとけって。マジかよ。それはまた来週。この日刈った分は可燃ごみの大袋 4つ分。来週はどんくらいになるかなぁ。
帰宅して昼寝したら一日終わり。何かこう、何もしなさ過ぎて罪悪感。ムスメのテスト勉強期間ってこともあって、何もできないもんな。

日曜。午前中は家事。午後からまた無為に過ごす。ムスメの勉強の合間を縫って、ギターをアンプにつないでセッティング。それは別記事で。
夕方、買物に出る。家電(いえでん)の FAX 留守番電話の親機の456のキーが効かなくなったので買い替えようとケーズへ。FAX機能はもういらない。親機もコードレス。ってなるとパナが二機種のシャープが一機種。もう家電なんてみんな手を引いてるんだなぁ。パナの安いのを選ぶが店頭在庫なし。取り寄せを頼む。そういえばムスメの部屋の電灯の蛍光管って入居以来換えてないなぁってことで蛍光管を買う。高いよなぁ。1本 900円くらいのを 5本も使いやがる。もっといい照明入れとけよって思うわ。

そんなワケで、ぱーっとしない週末。

PU交換

ハムバッカーとなかなかお友達になれない。なんだかな?と考えてみる。こちらの期待値が実は違ってるんじゃないの?と。そんなわけで、基本に立ち返り、自分の価値観を刷新してみることにする。

P-Rails が載ってたペー助のPUを 59 にする。P-Rails は悪くなかった。いい音してた。けど。切り替えても音質云々よりも音量の変化がでかすぎて、自分は使いこなせなかった。P90モードでバッキングしてハムモードでリード?んー、それもなんかなぁ。

これまでも 59 にしてみたことはあった。けど。すぐにブリッジが気に入らなくなって、ハイパワーの JB にしてしまってた。自分の中では JB が標準となってるからおかしなことになってるんじゃないかな?ってなわけで、しばらく 59 を使ってこれが標準だって体と頭に覚えさせることにする。これまで歪ませてなんぼじゃって思ってたハムバッカーを、歪ませずに使うことでハムバッカーのことをちゃんと理解するのだ。

今回はタップスイッチを使わない。これまで 1Vol/1Tone だった配線を 2Vol/2Tone にする。配線作業、面倒くさいと思っていても、やれば 2時間もあれば終わっちゃうのよね。

ハムバッカーの標準セットアップってどうなんだろね?どっかに書いてないかなぁってことで探す。弦とポールピースの距離の話は出てくるんだけど、ポールピースをどのくらい出すのが標準なのかが出てこない。ポールピースを出すとこんなふうに音が変わっていくって話は出てくるんだけどねぇ。
とりあえずカバーと面一にして、弦とポールピースの距離を 2.5mm にしてみる。
ミックスポジションでカッティングしてみる。ちゃきちゃきしていい感じ。ちょっと低音がぼわっとしてるので、そこは締めたいところ。
ブリッジPU単体。アンプを歪ませてみたら、理想的な音が出てる。これに満足できなくて JB にしてたはずなんだが。音の嗜好が変わったのか?それともこれも容認できるようになったのか?
ネックPU単体。悪くないけど、もう少しパワー感が欲しいなぁ。同じ歪み量でブリッジから切り替えた時に、もう少し音量欲しい感。
となるとどうしたもんかね?ミックスの低音を締めるためにはネックPUを下げるのがいいのかな?下げた分ポールピースは出した方がいいのかな?けどそれだとネックPU単体で欲しい感じになりそうにないしな。色々悩ましいな。まぁ、それが楽しいんだけれどもね。しばらく付き合ってみますかね。

serial2092157 (1982年製)
bodymaple(2p)/mahogany(3p) lamination
neckbuilt in mahogany(3p)
fingerboardrosewood, 22F
scale length630mm
pickups2 Smooth Crash humbackers
Seymour Duncan APH-1n/b with chrome cover
Seymour Duncan SH-1n/b with nickel cover
Seymour Duncan SH-1n + SH-4 with nickel cover
Seymour Duncan SHPR-1n/b
controls2vol/2tone
3position toggle switch
2 dual sound switches
1vol/1tone(w/ Russian 0.22μF)
3position toggle switch for PU selector
1 coil tap switch for bridge and neck
1vol/1tone(w/ Russian 0.22μF)
3position toggle switch for PU selector
1 mode switch for bridge and neck (P90/series/single)
2vol/2tone(w/ Orange Drop 0.22μF)
3position toggle switch for PU selector
bridgeSuper Tunable
tailpieceQuick Hook
machin headsdie cast
nutbone
hardwarechrome
weight4.4kg

三連休再び

三日休んで、三日出て、三日休み。シルバーウィーク?

金曜日。雨がち。特に予定もなく、のんびり。
焼肉でも食べに行くかと思い立つ。ムスメがきんぐに行きたいと言ってたのを思い出し、予約を入れてみたら、20:30からしか空いてなかったのでそこにする。
この三連休中にぺー助のPU交換をしようと思ったが、昼寝したらすげー寝てしまう。夕方からとりかかり、外すところまで。
焼肉きんぐ。何年ぶりだろう?行ってみたら、高校生が沢山。 5人くらいのグループに分かれて 3グループくらい待ってて。出てくる客もそんな高校生ばかり。何かの打ち上げだったりしたのかな?
で、そこそこ美味しい食べ放題はここだけど、ちょっと落ちるけど近いから蔵で我慢みたいな感じだったんだが。逆転してたな。メニューの多彩さはあれども、肉が美味くなくなってる。ムスメのがなんできんぐに行ってみたかったかとゆーと、ラヴィット!で紹介されてたから。壷漬けが食べたかったんだと。しかし、壷漬けはミノだけ。そのラヴィット!見たのはずいぶん前だからメニューが変わったのかもしれんな。喜んで壷漬けを頼んだのはいいが、焼けた時には興味を失ってた(苦笑)。だったら、蔵にも壷漬けあったやん。

土曜日。実家詣。
着いたら夫婦喧嘩の真っ最中。やったやらないでモメてる。両者とも記憶が怪しくなってきてるのでどっちに肩入れすべきかはわからんのだが。今後も増えていくのかなぁ。
庭の木が伸び放題なので、少しずつ剪定していこうと思ってたんだが。あいにくの雨。夫婦喧嘩をとりなしてる間に雨が上がったので、高枝切りハサミで紅葉の選定をはじめてみたが、切れないし動きも怪しい。なので、買物に出た時にホームセンターで物色。3千円くらいだったので、新調する。帰って紅葉の剪定。来週はツツジかな?
帰宅して昼飯食って昼寝。
正吉さんに頼まれてギターを修理する約束だったのだが。出かける時間に身体がポカポカして汗がだーだーと出る。体温を計ってみたら 37.2℃。正吉さんの予定はキャンセルして様子を見る。一時間後平熱に戻る。なんだったんだ?両親のことを考え過ぎて知恵熱出たか?
平熱に戻ったので行動開始。ぬく森の郷で温泉に入って、福光にあるひろまるでラーメン食べて、福野のさむでぃでライブを見る。

日曜。午前中は家事。
午後。正吉さんチに行って、テレキャスの修理。スイッチの調子が悪いってことで交換。
帰宅し、ムスメのスピーキングテストに付き合う。出来が悪くて説教。
夕方、妻子が美容院。自分はぺー助のPU交換。それはまた別記事で。

月曜。出勤時、ワゴンRの走行距離が 9並び。10万km走っちゃったなぁ。そろそろ買い替えを考えないと。

花田裕之 @ 茶房さむでぃ in 南砺市

花田さんがさむでぃでライブをやるというので行ってきた。福田と後藤が OA。花田さんがさむでぃの噂を聞いて、そこでやりたいって福田が頼まれた結果こうなったそうな。

ライブは弾き語り。サンハウスの曲が多かった。ルースターズも何曲か。「Sitting on the Fence」が聞けたのが嬉しかった。他は Stones やら Lennon やら。花田さんのルーツなんだろなぁ。8年くらい前に見た時と変わらず、ゆるい感じ。

終演後、福田達と喋ってるところに花田さんも合流。同じテーブルにいたけど、何も話しかけられず。他の人が色々聞いてるのに答えてるのを聞くだけで満足。帰る時に「Sitting on the Fence」が聞けたのが嬉しかったと話しかけたら、すごくうれしそうに「ほんとに?」って返ってきた。またこちらに来たら見に行こう。